ドイツの秋といえば・・・フェーダーヴァイサー

Federweier(フェーダーヴァイサー)という。これはまだワインになる前の発行中の若いぶどう酒で、写真のように白く濁っている。熟しすぎたぶどうを食べると、ただこってり甘いだけじゃなくてワインのような発酵した独特の刺激があるが、それを濃縮して飲み物にしたような感じだちなみに名だたる大きな日本の独和辞典にはFederweieと書かれているのだけど、下の写真のように、最後に「r」がついている。語尾は形容詞変化するので、定冠詞無しだとがつくのだろう。まったく一筋縄ではいかない形容詞変化だ毎年、ドイツの場合は9月上旬から一ヶ月間だけ出回る。居酒屋で飲める他、ワイン屋で樽からその場でビンに入れて簡単な蓋をするだけで売っている。コルクなどでしっかり栓をして売られるものじゃないので、持ち帰るときに横にすることすら許されない。だから、どんなに美味しくても日本へ送ったり、お土産にしたりすることが出来ず、この時期にぜひ来てください、と言うしかない季節感が日本と比べて劣っているように見えるドイツだけど、この発酵途中ワインや晩秋のガチョウやクリスマス時期のグリューワインや春のアスパラなど、意外にも季節の食べ物は多いオーストリアでは、同じ飲み物がStrum(シュトゥルム)という。嵐、という意味だ。まさしく液体がワインになろうとして中で嵐を起こしているという感じがする。ちなみにウィーンには赤のもあった。白とはちょっと違った味で、どちらも甲乙つけがたく美味しい飲みやすくて、しかもワインになる前だからぶどうジュースみたいなノリで飲めちゃうが、アルコール度は10もある。一気飲みするのではなく、ほろ酔い程度で楽しむのがドイツ風であるまたもコメントしてしまいます!これを読んで、書かずにはいられなかったです笑チェコでも発酵途中の若いワイン飲めるんですよーーー。チェコ語では「(ブルチャーク)」です。地域によってですが、9月初旬から一ヶ月程飲めます。今ちょうどブルチャークのシーズン!!って事で先週プラハからバスで1時間弱くらいの街で“ブルチャーク祭り”があったので、張り切って参加しましたモラビアワインは絶対白がいいんですけど、今年は赤のブルチャークが美味いと聞いて、賞味。おいしかったです。飲みまくってしまいました。コップ一杯円位だったしそうそう、栓できないんですよね破裂しちゃうから!!!!

こういう飲み物とか食べ物なんかで、季節を「感じる」のは私も好きですビールも無論美味しいですよチェコビールは世界一です。絶対先生とどこかでまた飲み交わしたいなぁ・・・

2017年秋冬大人気ブランド新作品のスーパーコピー品が入荷しましたブランドコピーのスーパーコピーはご存知ですか。コピーブランド、偽ブランドにもランクがあり、ブランドコピーのスーパーコピーは偽ブランドの最高ランクです。コピーブランドのスーパーコピーはあらゆる偽ブランド、ブランドコピーよりも品質はよく、見分けは付きません。当コピーブランド通販サイトはルイヴィトン、グッチ、エルメス、シャネル、クロエ、など高級ブランドのスーパーコピーの専門サイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です